自分に合った施術法とは

男性医師

施術方法の違いによる特徴

二重整形について興味がある人も多くいるのではないでしょうか。二重整形には大きく分けると二つあります。まず一つ目が埋没法です。この埋没法はメスを使用せずに行う施術で、医療用の極細の針と糸を使用して瞼を数箇所留める施術です。切開をするよりも非常に手軽に施術を受けることが出来る為、初めて整形を受ける人などにおすすめの施術でしょう。施術費用もリーズナブルでダウンタイムも少なく済む為、選ぶ人が多くなっている施術ですが、瞼に厚みがある人には向いていません。糸で瞼を留めるだけの施術になる為、状態によっては数年後取れてしまう恐れもあるでしょう。そしてもう一つが切開法です。切開法はメスを使用して皮膚を切開し、余計な脂肪や皮膚を取り除きながら施術を行います。切開する分ダウンタイムが長くなってしまいますが、半永久的に二重を維持することが出来るでしょう。また切開法は全切開と部分切開に分かれ、部分切開では短い範囲を切開して施術を行う為、全切開よりも回復が早くなります。切開をした瞼は、埋没法の様に取れてしまう心配がありません。年齢と共に瞼がたるみ二重幅が狭くなってしまうということもありますが、一度施術を受ければしっかり二重を維持することが出来るでしょう。毎日アイメイクを必死に頑張って二重をつくっている人がいますが、毎日時間ばかり掛ってしまいなかなか納得のいく二重がつくれない場合もあります。それなら二重整形を受けて二重をつくった方が大変便利です。二重整形を受ける場合は、希望する幅や、目の形や瞼の厚みによって合う施術が異なります。カウンセリングを受けた際にしっかりドクターに状態をチェックしてもらいましょう。また、施術を行う場合は事前に専用のスティックを用いて理想のラインを決めてシミュレーションしていきます。人それぞれ希望するラインや似合うラインが異なるので、じっくり話し合いましょう。仕上がりとしては埋没法はより自然な仕上がりにすることが出来、切開法はより大きなぱっちりとした印象の目元をつくることが出来ます。施術を受けたことをあまり他の人にバレたくないという場合は埋没法がおすすめです。また、どちらの方法も腫れや内出血など出る場合がある為ダウンタイムが必要になるでしょう。埋没法で2〜3日、切開法で1週間程度腫れなどが強く出てしまう場合がある為、この期間に休みを取る人もいます。時間の経過と共に改善されるので、この期間はゆったり過ごしましょう。

Copyright© 2018 一重瞼は整形で改善しよう【部分的に二重整形をすることもできる】 All Rights Reserved.